公認会計士のこれからは期待できますでしょうか?

公認会計士のこれからは期待できますでしょうか?

公認会計士を目指す人にとって気になる事の1つが今後公認会計士の仕事がどうなるかというのがあります。
では、実際に公認会計士はこれからどうなるかというと正直そこまで明るいとは言えない状況です。

公認会計士の今後があまり期待できない理由

公認会計士という資格を持っていてもあまり将来が明るくないのはしっかりとした理由があります。
それはこれからさらに機械によってなんでもやるようになっていって人の手でやる必要がない分野はなくなる可能性があるからです。

その1つに間違いなく公認会計士も含まれます。
これまではそれぞれの会社や企業でできない事を公認会計士に任せてきました。

ですが、より便利な会計ソフトが出るようになった今でもすでに公認会計士の出番は怪しくなっています。
そして、今後さらにすごい会計ソフトが出るのは決まっているので公認会計士の出番がなくなる可能性もあります。

なので、将来的に公認会計士の仕事がなくなる事は十分予想できます。
残念ですがその流れは止まらないです。

どんな仕事も機械の登場で奪われるのが人間の歴史ですので今後公認会計士の仕事も会計ソフトによって奪われる事になる事は十分あります。
今はまだそこまでの状況ではないですが、いずれそのような事になる可能性があるのでそこは分かっておく必要があります。

そのような流れは公認会計士に限った話ではないですが公認会計士もその流れには逆らえない事は知っておくべきです。